福祉用具特殊寝台解体組み立てを授業で

福祉用具専門相談員の授業の一環で、業者の方に来て頂き

特殊寝台の解体→組み立てを一連の流れとして行って頂きました。

これは、かなり私自身の学びにもなりました。

福祉用具専門相談員となると、ベッドを搬入後、利用者様、ご家族様の前で、組み立てなどを行うのは、日常業務としてある訳です。

動作確認をしたり、調整をしたりなど。

ベッド解体したところです。土台部分になりますが

これから組み立てを行っていきます。

先ほどの物を組み立てて合わせたところです。

このあと、ボトムなどを乗せて動作確認をしていきます。

ボトムなどが乗せられた所です。配線も行い動作確認を行っていきます。

こちらは、自動のエアマットの操作パネルです。

空気の入れたり抜いたりを、操作パネル1つで行ってくれます。

この後、上に乗り体験をさせて頂いてます。


前回の授業と、今回の授業、2回続けてやって頂きました。

受講生の皆様にもよい経験となったようです。

ありがとうございました。

大阪南河内 介護アドバイザータロット鑑定士 龍月

新しい自分を見つけ、明日に一歩踏み出してみませんか? タロット鑑定、セミナー、研修ご依頼を承っています。ランチ会、お茶会、セミナーも随時開催中☆

0コメント

  • 1000 / 1000