オストミー協会主催、ストーマケア実践研修(兵庫支部)

9月6日、西播磨リハビリテーションセンターにて、ストーマケア研修が行われました。実践的研修は、年に一度、大阪ではまだ実施がないので、支部長様の計らいで、お声掛けて頂き、19日行う予定のセミナーに備えて、特別参加という形で勉強させて頂く事となりました。有難い。

当日の様子が↓オストミー協会兵庫支部のホームページにも掲載されています。

『医療、介護職向けストーマ実践研修の報告記事』

↑こちらが、今回会場となった、リハビリテーションセンターですが、隣に病院が隣接しています。概観がホテルのような、道の駅のような(笑)とてもお洒落な場所です。私は、須磨駅まで片道電車で2時間ちょっと、その後、オストミー協会兵庫支部長様に、オストミー協会の方と同乗、車で会場まで送って頂きました。

↑こちらが会場です。オストミー協会関係者という事で、同席をさせて頂きましたが、ラッキーな事に、参加者奇数人数で(31名参加されていました)特別に、ストーマ実践の実習を体験させて頂く事が出来ました。ラッキー☆です。

皮膚・排泄ケア認定看護師の先生が持って来て下さった、ストーマサンプルのごくごく一部です。皮膚保護剤や粘着剥離剤なども、ご用意下さいました。

とっても貴重で、これからの私のセミナーでの参考になる講義に参加させて頂きまして、本当に有難いご縁です。

オストミー協会さん発行の『ひょうご譲り合いマーク』や、オストメイト向けバッジや、キーホルダーなど、グッズも沢山あります。こちらは、対象の方にしか手に入りません。

午前中座学、午後からストーマ装具張り合いの実習がありました。

私も体験させて頂きました。

こちらは、ツーピースの面板部分を貼り付けた所です。

ツーピース面板の上に、ストーマ装具をつけた所です。

こちらは、人工膀胱です。

こちらは、ワンピースタイプ、人工肛門になります。

片道4時間の、ちょっとした小旅行の旅でしたが、とても貴重な体験をさせて頂きました。今後、協会の方々と協力させて頂き、この活動を私なりに広めていけたらと思います。特に、介護士の皆様に是非是非と思いました。

支部長様始め、係りの方のご配慮もあり、1日濃い内容の研修を受けさせて頂けましたことに、改めて感謝したいと思います。

大阪南河内 介護アドバイザータロット鑑定士 龍月

新しい自分を見つけ、明日に一歩踏み出してみませんか? タロット鑑定、セミナー、研修ご依頼を承っています。ランチ会、お茶会、セミナーも随時開催中☆

0コメント

  • 1000 / 1000